記事一覧

噛む!噛みまくる!!

先日から1月の催し物として初詣であったり、鏡開きであったり
各ユニットによって形は様々であるという記事を上げましたが
今回は2階全体に大きな獅子舞が現れたそうですΣ(゚Д゚)

お正月シーズンに必ずいるこの獅子舞ですが
よく頭を噛んでいる所を見た事はありませんか??
みちみち伊奈北に現れた獅子舞も入居者様全員の
頭を噛んで回っているようです。。。(・・?
それは何故でしょうか・・・

筆者が調べ説明させて頂きます(@_@)
そもそもこの獅子舞ですが日本独自というよりも
元々インドから中国、中国から日本へ伝わったものだそうです。
日本では室町時代より現在の三重県でお祝い事に舞っていたようで

悪魔祓い、飢饉(ききん)や疫病を追い払う意味

があるのだとかΣ(・ω・ノ)ノ!

では何故頭を噛むの?といったところでは

頭を噛む事でその人についた邪気を食べてくれる

獅子舞さん凄い能力を持ってます!!Σ(・ω・ノ)ノ!

という事は悪魔祓いをし飢饉や疫病を追い払い
さらには全員の邪気を払ってくれた という事にΣ(´∀`*)
きっと噛まれた入居者様方は今年一杯安心ですね♪

私も噛んでもらえば良かった。。。(笑)

一部抜粋させて頂いた形ですが
噛まれている厄災、邪気を払ってもらっている
入居者様方の様子をご覧ください!

※画像クリックで拡大表示されます。

ファイル 140-1.jpg獅子舞を怖がる入居者様の様子は見られませんでした。皆様とても良い笑顔で厄払いをしています(*´▽`*)

昔ながらの美味しいコロッケ作りなりー

以前のうどんのご紹介同様、昨年9月に
ゆりユニットで行われた内容ですが
これまたブログにアップするのを忘れて忙しかった為
この時期になってしまいました。
ユニット職員の皆様、観覧者様、申し訳ございませんm(_ _)m

しかしこのコロッケのクオリティーが高いのです。
熱を使う工程以外は、ほぼ入居者様の力で出来上がっております。
潰す、混ぜる、こねる、パン粉を付けるといった工程は
手の全体を使う為、リハビリにも成り得ます。
あくまでも料理レクではありますが
入居者様の残存機能をしっかり使って頂いていて
とても良いと思われます(*´ω`)

実際、作っている時を想像するだけで
ユニット内に茹でたじゃがいもや、炒めた挽き肉の香り
いざ揚げている時の音や匂いと、ご飯の時間が楽しみになりますよね☆彡

全ての工程をほぼ入居者様で行っている事もあり
完成し食事の前に感動一入(かんどうひとしお)です。
是非、皆様の頑張っている姿と、とても美味しそうに食べられている姿
ご覧になってみて下さい。

※画像クリックで拡大表示出来ます。

ファイル 139-1.jpg職員のお声掛けはあれど、基本動作は全て入居者様が行っているのが分かると思います(´▽`*)
やはり長年培ってきた方々、お上手です。・・・って男性も手伝ってくれてますね!!Σ(・ω・ノ)ノ!
 
ファイル 139-2.jpg職員の手で仕上げの揚げる工程です。もう画像だけでも匂いが漏れてきそうなぐらい・・・
食べている時の皆様の口の開き具合を見れば美味しかったかどうかは一目瞭然ですよね( *´艸`)
ついつい今日の晩御飯をコロッケにしたくなっちゃう絵です(笑)


次はどのユニットがどんな事をしてくれるのでしょうか。
今の所では節分行事が多い様子です。
今後も何か行った際はこちらから発信出来ればと考えております。
どうぞお楽しみに♪

Ω~餅つき大会~Ω

本日の14:00より
1階うめ、あやめユニットと3階あさがお、ひまわりユニットの
合同餅つき大会がありましたΩ('▽'*)
実は筆者、本格的な餅つきは何十年ぶり・・・
勝手が全く分かりません(;´・ω・)

しかし頼もしい経験者職員をはじめ
何より入居者様方に教えて頂きながらどうにかこうにか
形にする事が出来ましたヾ(o´∀`o)ノ

やはりお正月(少し遅いけど)と言えば餅つきですよね!
リズミカルにペッタンペッタン
入居者様、職員を含め「よいしょー(* ̄0 ̄)/ 」の掛け声
とても心地よく楽しく行えました。

今回は職員の自宅より臼(ウス)を拝借したのですが
杵(キネ)は少し重く感じられた為、少し軽い子供用にも
代用出来る物も用意させて頂きました。
それにより多くの入居者様が餅をつく事が可能になりました。
中には重い方でやると言った方もいらっしゃり力強さを見せつけられたり・・・
職員がタジタジになってしまう場面もありました(;'∀')

今回の企画、長文となってしまうのですが、まだまだ見どころが。
つきたてのお餅と言えども、どうしても喉に引っ掛かり易い食べ物の
堂々たる1位を取り続けている食材です。
その為、豆腐を混ぜた白玉を全員で作り代用させてもらいました。
それを甘いお汁粉風やお雑煮風に入れて対応します。

また正月は餅だけではありません。
甘酒の用意や炭酸含むソフトドリンク。
はたまたノンアルコールビールも用意し楽しい席を設けさせて頂きました。

職員手作りの大型おみくじや絵馬に願いを込めて納める等
バラエティーに富んだ内容となっております。
これ以上は文面での説明よりも写真を観て下さればと思います。
以下、実際の状況ですので宜しかったらどうぞヾ(´∀`o)

ファイル 138-1.jpgおみくじを引いて大吉ばっかりΣ(・ω・ノ)ノ!
しっかりと末吉や小吉もあるのですが・・・・皆様強運なのですね!!

ファイル 138-2.jpg何より嬉しいのは入居者様だけではなく、看護士やケアマネも業務の垣根を越えて参加してもらえた事です。実は甘酒の味見に事務職員に手伝ってもらったりもしています(苦笑)

ファイル 138-3.jpg意外と皆様の手先が器用で思った以上に早く作る事が出来ました。大きさは個人の自由♪美味しく出来ましたかね?

ファイル 138-4.jpgこの食べている顔を見れば美味しかったのが分かります。是非来年も行いたいものですね(^▽^)

蒸かすだけではなく ひと手間加えて

あさがおユニットでの12月、1月生まれの入居者様をお祝いする
誕生日会の様子です。
今回の誕生日会では誰でも調理に参加し易いという点でも
かなり入居者様目線での食事レクだと思います。(@ ̄□ ̄@;)!!

いち職員が自ら調べ、試作品まで作って持って来たという
思いの詰まった誕生日会となったようです

題目にあります蒸かすだけではないというのは
蒸かした芋をつぶしてから丸く形成。
それを上から再度押して小判型に近い形にした上で
焼いて食べるという、その名も「おさつ焼き」(*'▽')

上記ありますよう、これらの工程は入居者様にとって
とても参加し易いと思います。
蒸かしてからは潰す工程、丸める工程、表面を焼く工程
全てにおいて視覚、触覚、嗅覚を使い参加出来る。
食べれば味覚も刺激されますし食事形態にも支障が出ません。
よく考えられた内容ですよね?

当然ご自身で作られたおやつですから美味しいに決まっています
この様にリーダーからだけではなく
いち職員から発信される企画も嬉しく感じた筆者でした。


ファイル 137-1.jpg誕生日会の様子です。各入居者様に合った物を職員が相談しながらチョイス♪足が寒いとよく話される方には湯たんぽをプレゼントしたようです(^▽^)

ファイル 137-2.jpg実は調理工程はほとんど入居者様で行えています。職員は少しお手伝いさせて頂く程度。雑談しながら楽しんで作っています。

ファイル 137-3.jpg職員が焼き目を付けて完成♪今回口の周囲だけモザイクを切ってみましたがどうでしょう?皆様大変美味しそうに食べられていませんか?これらの表情や様子を観るだけでも大成功と分かります☆彡担当職員さん、お疲れさまでした。

切るのではなく開くと言います

すみれ、すずらんのユニットで1月11日に鏡開きを行いました。
ユニットによって季節を感じる催し物が違うのも
ユニットケアの醍醐味のひとつかと思います。
その為、先日お伝えした初詣に行くユニットもあれば
今回の様に鏡開きを行うユニットもある。

観ている方としましては大変にぎやかな施設に見える不思議は
ありますが、実際はゆっくりとした時間が流れればと考えております。

さて本題にあります鏡開きとは?実際知らない事も多いのでは無いでしょうか。
実は鏡開きも地域によって日取りが違うのだとかΣ(・ω・ノ)ノ!
そもそもは1月20日に行われていたそうなのですが、徳川3代将軍家光が
4月20日に亡くなった事で月命日を避けて行う事になったのだそうです。

ちなみに何故包丁等で切り分ける事をしないのか?ですが
昔は包丁で「切る」という動作が切腹と重なる為、縁起が悪いと
されてきたからだそうです。なので、木槌や金槌を使い割ります。

また、「割る」といった表現や「切る」といった表現よりも
「開く」の方が末広がりを意味する為、定着していったそうです。
昔からの風習は色々と細かい所まで調べると驚かされますね!!

若干話はそれてしまいましたが、鏡開きをしている所と
餅に代わって白玉団子を入れたぜんざいを作っている所の
2本立てでどうぞ。

※食べられている様子も写真に収めたのですが
 映りがボケてしまったりする物も多く見られた為、割愛させて頂きました。
 ご了承下さいm(__)m
ファイル 136-1.jpg

ファイル 136-2.jpg